withTAXI(ウィズタクシー) | タクシー情報メディア
タクシーアプリのおすすめの選び方は?メリット・デメリットも解説
知識・お役立ち
更新)

タクシーアプリのおすすめの選び方は?メリット・デメリットも解説

タクシーを呼ぶときには、わざわざ電話をかけなくてもスマホの操作ひとつで手軽にタクシーを手配できる、タクシーアプリを使うと便利です。本記事ではタクシーアプリのメリット・デメリット、選び方など紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Index

タクシーを呼ぶときに「わざわざ電話するのが面倒だな」と思う方は多いのではないでしょうか。

そんなときにおすすめなのが、タクシーアプリです。タクシーアプリを使えば、電話をかけなくても、スマートフォンの操作だけで簡単にタクシーが呼べます。

今回はタクシーアプリのメリット・デメリットや、タクシーアプリの選び方を紹介します。もっと手軽にタクシーを呼びたいと思う方は、ぜひ参考にしてください。

タクシーを呼ぶならアプリの利用が便利

1-2

タクシーアプリとは、その名のとおりタクシーを呼べるアプリです。タクシーを注文する方法として一般的になりつつあります。

アプリ上に表示される地図でタクシーの乗車場所を指定すると、アプリが位置情報を使って近くにいるタクシーを探します。

タクシーが見つかったら、あとは「タクシーを呼ぶ」ボタンを押すだけで呼べるため、電話をかける必要がありません。

通話料も手間もかからず便利なので、タクシーを呼ぶときにはタクシーアプリの利用がおすすめです。

タクシーアプリのメリット

「タクシーを呼ぶ電話をかけるくらい、大した手間じゃない」と思う方もいるでしょう。

しかし、そのような方でもタクシーアプリを使うメリットがあります。どのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

スマホの操作ひとつでタクシーの手配ができる

タクシーアプリの大きなメリットは、スマートフォンの操作だけで、簡単にタクシーを呼べることです。

電話をかける必要がないため通話料がかからないだけでなく、電話がなかなか繋がらないということもありません。

また、電話でタクシーを呼ぶ場合はオペレータに口頭で住所を伝える必要がありますが、タクシーアプリならアプリ内の地図からタクシーの乗車場所を指定したり、場所を検索して指定したりできるため、口頭で説明する必要がありません。

そのため、旅先や出張先などで正確な住所や住所の読み方がわからないときでも、気軽にタクシーを呼ぶことができます。

到着時間や料金の目安を把握しやすい

タクシーの到着時間や目的地までの料金の目安を把握しやすくなるのも、タクシーアプリのメリットです。

タクシーアプリの多くは、呼び出したタクシーが何時ごろに到着するか、目的地までいくらくらいかかるかといった情報が表示されます。

タクシーがいつ来るかわからないと何もせずに待つしかありませんが、おおよその到着時間がわかれば、その時間を有効に使うことが可能です。

道路状況や時間帯などによって到着時間は前後する可能性もありますが、ある程度の目安が把握できるのは助かる方も多いのではないでしょうか。

また、タクシーアプリのなかには事前確定運賃サービスを利用できるものがあります。アプリ上で乗車地から行き先までの走行予定ルートの距離を測り、その距離に応じて乗車前に運賃が確定する仕組みで、ルートを変更しない限り走行時間が増えても運賃が変わらないため、初めて行く場所でも料金を気にせずに乗車ができます。

なお、運賃以外にも、迎車料金や有料道路料金が別途追加で発生する可能性があることも覚えておきましょう。

事前決済により支払いがスムーズに済む

タクシーアプリは事前決済ができることが多いのも魅力です。事前決済とはアプリにクレジットカードなどの情報を登録するだけで支払いを完了できるシステムです。

タクシーアプリで呼んだ場合以外にも、タクシー車内のタブレット端末とアプリを使って支払い処理を完了させることができるものもあり、目的地に到着したら、支払いのやり取りをせずにスムーズにタクシーを降りられるので便利です。

また、領収書をPDFで発行できるタクシーアプリなら、経費管理のためこまめに領収書を受け取って保管する手間も省けます。

タクシーアプリを利用する際の注意点

電話不要でタクシーを呼べたり、事前決済できたりと便利なタクシーアプリですが、いくつかデメリットもあります。

あとで困らないためにも、どのようなデメリットがあるのか把握しておきましょう。

呼んだ時間・場所とズレる可能性がある

タクシーアプリでタクシーを呼ぶと到着時間の目安が表示されますが、悪天候の日や道路状況によっては、表示された時間までにタクシーが到着しないことがあります。できるだけ時間に余裕を持ってタクシーを呼びましょう。

また、タクシーアプリではスマートフォンの位置情報を利用してタクシーを呼びますが、地図のタップミスやGPSの位置情報のズレが原因で、希望の場所にタクシーが来ないことがあります。

位置情報のズレは、スマートフォンの設定や再起動などで修正できる可能性があるため、手持ちのスマートフォンに合う方法を試してみましょう。地図のタップミスは、乗車場所を指定する際に地図を拡大すると防ぎやすくなります。

乗務員に乗車場所の目印を伝えたり、乗車場所の詳細情報を入力したりする機能があるタクシーアプリを使うのもおすすめです。

利用できないエリアがある

タクシーアプリは、それぞれ対応している都道府県が異なり、利用対象外となっているエリアがあります。

また対象の都道府県内でも、提携のタクシー会社が運行していないなどの理由でタクシーを呼べないエリアがあるため、事前に対象エリアを確認しましょう。

タクシーアプリの選び方

タクシーアプリを利用してみたいけれど、種類が多くどれが良いかわからない方もいるでしょう。そこで、タクシーアプリの選び方を紹介します。

日時を指定しての手配が可能かどうか

タクシーアプリには、すぐにタクシーを呼ぶだけでなく、日時指定できるものがあります。

新幹線や飛行機の時間に合わせてタクシーを呼びたい、あと1時間後に来てほしいといったときに便利な機能です。

事前決済に対応しているかどうか

「タクシーの車内で支払いのやり取りをするのが面倒」「あらかじめ1万円札を崩しておくなど気を使う」という方もいるのではないでしょうか。そのような方には、事前決済に対応しているタクシーアプリが向いています。

アプリにクレジットカード等を登録しておけば、乗車中に支払いを済ませられるのでスムーズに降車でき、現金を用意する手間もかかりません。

お得なクーポンがあるかどうか

タクシーアプリによっては、クーポンを発行していることがあります。タクシーをお得に使いたいのであれば、クーポンが活用できるタクシーアプリを選ぶと良いでしょう。

タクシーは運賃以外に迎車料金などがかかることがありますが、そうした料金も割引対象のクーポンを発行しているタクシーアプリを選べば、よりお得にタクシーを利用できます。

自分が利用しやすい対象エリアかどうか

便利なタクシーアプリですが、職場や自宅が対象エリアに入っていないと、インストールしても使い道がありません。

タクシーアプリをインストールする前に、自身が使いやすい対象エリアかどうかを確認しましょう。

またタクシーアプリによっては、今すぐタクシーを呼ぶ機能と日時指定をする機能で対象エリアが異なることがあります。機能ごとの対象エリアもチェックしておきましょう。

タクシーアプリなら「GO」がおすすめ!

日時指定やアプリ決済など、さまざまな機能を兼ね備えたタクシーアプリを使いたい方には「GO」がおすすめです。

「GO」では、別途オプション料金をいただいて、最短25分後から7日後までの範囲で希望の日時を指定しタクシーを手配する「AI予約」というサービスがあります。

「GO」では「今すぐ呼ぶ」「AI予約」などの手配をするときに、「GO」アプリ内の支払い方法にクレジットカード等を設定することで、目的地に着いたら支払いのやり取りをなくして降車することができる、GO Pay決済を利用できるようになります。(※2)

GO Pay決済が可能な流し(道端で走っているタクシーを止めて乗車すること)のタクシーに乗車して、後部座席のタブレットを操作し乗車中にGO Pay決済の設定をすると、。「GO」でタクシーを手配したときと同様に目的地についたら支払いのやりとりなく降車することができます。

対応エリアも拡大中なので、使える場面が多いのもポイントです。

(※1)AI予約は利用可能な地域が限られています。利用可能な地域はこちらからご確認いただけます。
(※2)GO Payが何らかの原因(登録いただいたお支払い方法の残高不足や有効期限切れ、システム要因等)で成功しない場合は、別途タクシー車内でお支払いをお願いする可能性があります。

まとめ

タクシーアプリを使えば、少しスマートフォンを操作するだけでタクシーが呼べるようになるため、タクシーをよく利用する方にとっては特に便利でしょう。

アプリでの決済を設定することでスムーズに降車したり、タクシーの到着時間や料金の目安を確認したりするのにも役立ちます。

またタクシーアプリ「GO」では、初回割引クーポンや期間限定クーポンなど、さまざまなクーポンをご用意しています。タクシーを利用する機会が多い方は、クーポンも活用してお得にタクシーを利用しましょう。

タクシーを予約するには?おすすめの方法や流れを徹底解説
タクシーを電話で呼ぶ方法とは?注意点やアプリの利用についても解説
タクシーアプリ「GO」をダウンロード

Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。
App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

Google Play は Google LLC の商標です。

  1. GO
  2. with TAXI (ウィズタクシー)
  3. タクシーアプリのおすすめの選び方は?メリット・デメリットも解説