withTAXI(ウィズタクシー) | タクシー情報メディア
タクシーを予約するには?おすすめの方法や流れを徹底解説
知識・お役立ち
更新)

タクシーを予約するには?おすすめの方法や流れを徹底解説

タクシーは電話やアプリで予約ができます。しかし、空車状況によっては希望する日時に予約できないこともあります。本記事では、タクシー予約の流れと、おすすめのタクシーアプリ「GO」を紹介します。大切な用事でタクシーが必要な方は、ぜひご一読ください。

Index

タクシーは思い立ったときに利用できる、とても便利な公共交通機関です。歩き疲れたり大荷物で徒歩が難しいとき、時間を節約したい場合に大活躍します。

便利なタクシーですが、予約できることをご存知でしょうか?あらかじめ日時や場所を指定しておけば、待ち時間なくタクシーを利用できます。

しかし、予約は必ず成立するものではなく、車両の空き状況によっては予約不可なケースも少なくありません。

大切な用事があって、その日その時にタクシーを用意できないと困る方もいるでしょう。
そこで今回はタクシーの予約方法と注意点、そして予約の成立がしやすくする方法を紹介します。日時を指定してタクシーを呼びたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

タクシーの予約方法は?

タクシーの予約方法は大きく分けて「アプリ」と「電話」の2つが一般的です。それぞれの特徴を解説します。

タクシーアプリを使う

タクシーアプリを使ってお手元のスマホから、先の予定に合わせて手軽にタクシーを手配できます。

タクシーアプリを利用するメリットは、オンライン決済が可能なことです。クレジットカードなど支払い手段を登録しておけば、アプリ内で支払いが完了するので、降車時の煩わしい現金のやり取りが不要です。

ただし、未来のタクシー手配に対応していないアプリや、そもそも予約に対応していないタクシー会社もあることに注意してください。

タクシー会社に電話する

タクシー会社への電話でも予約可能な場合があります。タクシーアプリに未対応でも、電話なら予約サービスを受け付けているタクシー会社もあります。

注意点として、予約状況によっては希望日時でのタクシーの手配が成立しないこともあることを覚えておきましょう。

さまざまな会社が集合し管理されているアプリに対して、電話の場合は事業者ごとで管理しているため、事業者単位でその枠が押さえられているなどでどうしても都合が付けられない場合があります。

タクシーの予約には料金が発生する

4-2

タクシーを予約すると、運賃とは別に予約料金が発生します。

予約料金とはタクシーの予約を押さえるために必要な料金です。タクシー会社ごとに価格が違うため、予約する前に確認しておきましょう。

タクシーの予約や注文はアプリの利用が便利

4-3

タクシーの予約はアプリと電話がありますが、以下の3つの理由から徐々にアプリの方が一般的になっています。

  • 乗務員との支払いのやりとりが不要
  • 領収書の発行がアプリでできる
  • スマホの操作ひとつで簡単にタクシーの依頼ができる

タクシーアプリだと、タクシー車両の手配時、または乗車中にアプリでの決済手段に設定でき、目的地についたら乗務員とやりとりすることなく支払いを完了できます。そのため、スムーズな降車が可能です。

また、タクシーアプリでは領収書発行が可能です。紙の領収書だと汚れや紛失の恐れがありますが、タクシーアプリであれば必要なときにすぐPDFで領収書を発行できます。

さらに、タクシーアプリはすぐにタクシーを呼ぶことはもちろん、日時を指定して呼ぶことができます。急にタクシーが必要になったときも、あらかじめ必要な日時が分かっていたときも、両方に対応が可能です。

「GO」はAIを用いたサービスによりタクシーの事前手配が可能

複数あるタクシーアプリの中でも、おすすめは「GO」です。

「GO」には、最短25分後から7日後までの希望日時を指定して注文することができる、「AI予約」という機能があります。

「AI予約」は、従来のタクシー車両の確保方法とは異なり、指定時間に指定場所にタクシーが到着するよう「GO」がAIによって指定の時間帯や指定エリアなどのトレンドを予測し、アプリ利用者の代わりに自動的に空車のタクシー車両を探して手配する機能です。

従来のタクシー予約は、一定の既存予約枠を人力で管理していることで受けられる予約数に限りがあるため、予約を依頼してもタクシー車両を確保できないことがありました。

予約枠をあらかじめ押さえるのではなく、AIがリアルタイムに需給を予測しながら指定したタイミング・場所に到着する空車のタクシー車両を探しだして手配をすることで、予約と同じようなサービスを提供しながら、従来の予約の10倍以上の注文に対応ができるようになり、必要な日時と場所でタクシーを利用できる可能性が大幅に向上しています。

「AI予約」を使ってタクシーを呼ぶと、タクシー会社が請求する運賃と迎車料金に加え、手配料金(AI予約の利用料金)がかかります。しかし、もしも道路事情などでタクシーが5分以上遅れたら、「AI予約」により加算される手配料金は請求されません。

手配料金はエリアや時間帯によって異なりますが、「GO」で車両を手配する場合は事前に参考運賃や手配料金を予約時にご確認いただけます(※2)。

(※1)「AI予約」が利用可能なエリアはこちらよりご確認ください。
(※2)「AI予約」は、指定時間の配車を確約するものではございません。指定時間から遅れて到着する場合や、配車ができない場合がございますので予めご了承ください。

「GO」で日時指定をしてタクシーを呼ぶ方法

「GO」で日時指定をしてタクシーを呼ぶ方法解説します。

  1. 「GO」アプリを起動して「AI予約」を選択
  2. 乗車位置をピンで指定して、乗車日時を選択
  3. 行き先を設定する
  4. クーポンを利用する場合は選択
  5. 「この条件で予約する」をタップ

「AI予約」はタクシー降車時に車内での支払いとレシートの受け取りが不要になるサービス、「GO Pay」専用のサービスとなっており、車内支払でのご利用は出来ません。

現在GO Payに登録できる決済手段はクレジットカードとd払いとなっています。「AI予約」を利用する場合、事前に決済手段を「GO」アプリに登録しておきましょう。

「この条件で予約」をタップすると指定した日時に指定場所での車両確保が完了です。あとは指定した日時と場所でタクシーを待って乗車するだけです。

あらかじめ行き先を指定しているので車両到着後はすぐに出発できます。そして、料金はGO Payでの決済(※)となり、目的地に到着したら降りるだけなので非常にスムーズ。目的地を伝えたり、到着後の支払いで手間取る心配がないのでノンストレスです。

(※)GO Payが何らかの原因(登録いただいたお支払い方法の残高不足や有効期限切れ、システム要因など)で成功しない場合は、別途タクシー車内でお支払いをお願いする可能性があります。

まとめ

タクシーの予約方法には電話とタクシーアプリがあること、そしておすすめのタクシーアプリ「GO」について解説しました。

「GO」の「AI予約」は、AIが利用者に変わって自動的に最短25分後から7日後までの希望日時を指定して、いつでも指定の場所に希望の時間にタクシーを手配することができます。

そして、事前に目的地を伝えられて決済もできるので、出発と降車がとてもスムーズで時間の節約にもなります。

大切な用事があって、希望した日時と場所にタクシーを手配したい方は、ぜひタクシーアプリ「GO」を利用してみてください。

タクシーを配車する2つの方法!今すぐ呼ぶにはどうするべき?
タクシーアプリのおすすめの選び方は?メリット・デメリットも解説
タクシーアプリ「GO」をダウンロード

Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。
App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

Google Play は Google LLC の商標です。

  1. GO
  2. with TAXI (ウィズタクシー)
  3. タクシーを予約するには?おすすめの方法や流れを徹底解説