withTAXI(ウィズタクシー) | タクシー情報メディア
タクシーを配車する2つの方法!今すぐ呼ぶにはどうするべき?
知識・お役立ち
更新)

タクシーを配車する2つの方法!今すぐ呼ぶにはどうするべき?

タクシーを配車するには、タクシーアプリの利用や電話などの方法があります。本記事では、タクシーの配車方法やそれぞれの特徴、気になる運賃・料金や注意点など詳しく解説します。タクシーを利用する機会が多い方は、ぜひ参考にしてください。

Index

簡単に目的地へ着けるタクシーですが、皆さんはどのようにタクシーを呼んでいますか?

昔はタクシーを呼ぶ、というと「タクシー会社に電話する」もしくは「受付・フロントに頼む」がメインでしたが、最近では「タクシーアプリを利用する」という第三の選択肢が定着してきています。

今回は、タクシーを呼ぶ3つの方法を具体的に紹介します。気になる料金や注意点も解説するので、ぜひ参考にしてください。

タクシーの呼び方は何がある?

NO3 1

タクシーを呼ぶ方法は、主に2種類あります。

  • タクシーアプリを利用する
  • タクシー会社に電話する

以下、それぞれの方法を見ていきましょう。

タクシーアプリを利用する

最近は、タクシーアプリを利用した手配が一般的になりつつあります。実際に利用している方も多いのではないでしょうか。

多くのタクシーアプリがリリースされており、各社によってさまざまな特徴があります。

タクシーアプリを利用する最大のメリットは、タクシーの手配がスマホの操作で簡単にできることです。例えば電話でタクシーを呼ぶとなると、番号を調べる必要やタクシーに迎えに来てもらう場所の住所を口頭で伝える必要などがあります。タクシーアプリを利用すれば電話をかける手間が省け、さらにGPS情報を使って今いる場所に呼ぶことが可能です。

また、運賃や到着時間の目安を事前に把握できるのもうれしいポイント。タクシーの運賃体系はタクシー会社や地域によって異なる場合があり少し複雑なため、事前に目安を知っておくと安心です。到着時間の予測も表示されるので、到着時間を把握しやすいのも魅力のひとつです。

さらに、降車時の支払いがスムーズな点もタクシーアプリの特徴です。

タクシーを利用した際の支払いは「早く降車したい」と考えている方にとっては煩わしい時間かもしれません。タクシーアプリでは、車内決済のほかに事前決済が可能で、降車時の支払いをスムーズにおこなえます。

タクシー会社に電話する

電話をしてタクシーを呼ぶ方法では、主にタクシー会社の配車受付専用となる電話番号にかけて、名前や迎車先の住所、目的地、予約の有無などを伝えます。

また、電話オペレーターを介さないタクシー会社もあります。事前登録をし音声ガイダンスにより配車の時間や無線番号の確認をするだけで、タクシーの手配が完了する場合もあります。

タクシーの配車は無料?

タクシーの配車を依頼する場合、追加料金がかかるのかどうか気になる方も多いでしょう。

実際、タクシーを呼ぶ際には「迎車料金」が発生する場合もあります。迎車料金は、タクシーを呼んだ人の元へ迎えに行く際にかかる料金で、前述したいずれの方法でも発生する可能性があります。

迎車料金はタクシー会社によって設定されており、料金を固定している会社や、料金が変動する「スリップ制」を採用する会社もあれば、迎車料金が無料の会社もあります。

他にも、呼んだタクシーを待たせてしまうと待機料金が加算される場合もあるので、時間通りの乗車を心がけましょう。

さらに、タクシーを呼んだ後に利用者の都合でキャンセルする場合は、キャンセル料が発生する可能性があるため、余裕を持った手配をしていただくことをお勧めします。

タクシーアプリを利用する前に知っておきたい注意点

NO3 2

タクシーを呼ぶ際には、以下の注意点も押さえておきましょう。

  • 曜日や時間によって配車できない可能性がある
  • 呼んだ時間や場所に来ない可能性がある

それぞれ詳しく紹介します。

曜日・時間によって配車できない可能性がある

タクシーを手配したくても、曜日や時間によっては呼べない可能性があります。

とくに週末や朝の通勤や帰宅ラッシュ、悪天候の際は混雑する可能性があり、なかなかタクシーの手配ができずに困った経験がある方もいるのではないでしょうか。

このように混雑が予想される場合は、時間に余裕を持って手配をしたり、事前に予約をしたりして、計画的に行動するのがおすすめです。タクシーアプリで手配ができない場合は、電話で呼ぶことも試してみてください。

呼んだ時間・場所に来ない可能性がある

タクシーを手配する場合は、正確な時間に到着しない可能性があることも覚えておきましょう。道が渋滞している場合や道路工事など、どうしても到着が遅れてしまう場合があります。

またタクシーアプリで呼ぶ場合は、GPSの精度によってはズレが生じる可能性も。指定したつもりが、異なる場所に設定してしまい、思った場所にタクシーが来ないことも考えられるため、その場合は徒歩でタクシーがいる位置まで移動する必要がでてくるでしょう。

タクシーを配車するなら「GO」がおすすめ

タクシーを呼ぶなら、やはりタクシーアプリの利用が便利です。

中でも「GO」は、ダウンロードして乗車位置を指定した後に「タクシーを呼ぶ」のボタンを押せば、簡単にタクシーの手配が可能です。「GO」では迎えに来ているタクシーの車両位置が表示されるため、タクシー到着の目安が分かりやすいのも特徴です。

タクシーの乗務員と直接メッセージのやりとりも可能なので、乗務員に建物や服装などの目印を伝えることができます。

また、支払いもスムーズです。「タクシーを呼ぶ」のボタンを押す前にお支払い方法として「GO Pay(※1)」を使った支払い方法に設定しておくことで、目的地に到着後、車内でお支払いのやりとりをすることなく降車することができます。領収書は、降車後にアプリから発行することができます。

さらに、AIを用いた新しいサービス「AI予約」もご用意しています。GO Pay限定のサービスで、最短25分後から7日後までの日時を指定することで、ご自身が希望する時間にタクシーの手配が可能です。

実際に、「呼んだ時間に正確にくる(※2)」「すぐに使えるクーポンが豊富」といった面で魅力を感じているユーザーも多く、初めての方にもおすすめです。

タクシーをよく利用する方や、簡単かつ正確にタクシーを呼びたい方は、ぜひタクシーアプリ「GO」をご活用ください。

(※1)GO Payが何らかの原因(登録いただいたお支払い方法の残高不足や有効期限切れ、システム要因等)で成功しない場合は、別途タクシー車内でお支払いをお願いする可能性があります。
(※2)時間は状況によっては変わってしまう可能性がございます

まとめ

タクシーを呼ぶ方法や注意点などを紹介しました。

まちなかを走っているタクシーを停めようとしても、なかなか捕まらないことがあります。タクシーを呼ぶ方法にはいつくか種類がありますが、利便性を重視するならタクシーアプリの利用がおすすめです。

タクシーアプリの利用を考えている方は、ぜひ「GO」を検討してみてください。クーポンを活用してお得にタクシーが利用できるほか、便利なサービスをご用意しています。タクシーの配車依頼をスムーズに行いたい方におすすめです。

タクシー料金はどのようにして決まる?仕組みについて徹底解説!
タクシーを予約するには?おすすめの方法や流れを徹底解説
タクシーアプリ「GO」をダウンロード

Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。
App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

Google Play は Google LLC の商標です。

  1. GO
  2. with TAXI (ウィズタクシー)
  3. タクシーを配車する2つの方法!今すぐ呼ぶにはどうするべき?