GO BUSINESS
タクシー経費管理からインボイス制度対応まで一発解決!

初期費用&月額固定費0円

インボイス制度 タクシーの経費精算でも対応が必要です!

2023年10月から消費税の仕入税額控除の方式として導入されるインボイス制度(適格請求書保存方式)は社員の皆さんが業務で使ったタクシーの経費精算にも適用されます。

社員様の申請

制度施行前

期日までに提出

タクシー利用した後の領収書やクレジットカード明細を、期日までに提出。

制度施行後

申請前の作業が増える

領収書がインボイス要件を満たしているか、申請する前に1つ1つ確認。

担当者様の承認

制度施行前

確認して承認

申請内容を確認し承認。消費税額の計算などをしたうえで、各種控除申請へ。

制度施行後

受領後の作業が増える

申請内容がインボイス要件を満たしているか、承認する前に1つ1つ確認。

インボイス制度対応時のタクシー経費精算 ここがポイント!


カード明細での税額控除ができなくなる!?

3万円未満の仕入れの場合、領収書がなくても帳簿記載だけで消費税仕入税額控除となっていました。この特例が2023年10月より原則廃止(※)、帳簿記載だけでは控除が認められなくなります!
  • 公共交通機関の運賃や自動販売機、郵便や貨物サービス等はこれまで通り領収書等は不要。帳簿のみの保存が認められます。

取引相手から受け取る領収書等の保存が必要!

インボイス制度下では3万円未満の決済分も含め、取引相手から受け取る領収書等の保存が必要となります。

GO BUSINESSなら、タクシー経費のインボイス制度対応を一気に解決!

GO BUSINESSで
できること

適格請求書をまとめて発行

経費精算システムとの連携

請求書をデータで管理

インボイス対応のためのコストを一気に削減!


社員1人1人からの領収書申請が不要!

GO BUSINESSなら、社員1人1人からの領収書申請が不要に。タクシー経費精算における、インボイス対応のためのコストが一気に削減されます。

インボイス制度の影響と対策

インボイス制度がビジネスでのタクシー利用に及ぼす影響、そしてその対応策についてご紹介。

まずは資料をダウンロード

初期費用&月額固定費0円

GO BUSINESSとは タクシーアプリGOの法人向けサービスです。

経費精算・タクシー配車・利用管理など ビジネスシーンにおけるタクシー利用での課題を解決します。

  • 初期費用 月額固定費 0円
  • お申し込み 約2週間で ご利用開始
  • 最低利用人数 1名からでも OK

タクシーアプリダウンロード数No.1

  • data.ai調べ - タクシー配車関連アプリにおける、日本国内ダウンロード数(iOS/Google Play合算値) - 調査期間:2020年10月1日~2022年9月30日

GO BUSINESSの
主要機能

請求書払い

乗車メモ

Concur連携

タクシー利用データ管理

Web代理配車

優先配車

簡単3ステップで
利用開始

  1. 01

    お問い合わせ

    タクシーご利用状況やご要望をお伺いし、料金ご案内や最適な活用方法をご提案します。

  2. 02

    お申し込み

    弊社カスタマーサポートチームより、その後の流れや手続きについてご連絡いたします。ステップ2のお申し込みから始めることも可能です。

  3. 03

    審査・ご契約

    お申し込み後、与信審査を行い、審査が通過したらご契約となります。(※お申し込みから最短約2週間で審査完了となります)

初期費用&月額固定費0円